【投資信託】積み立て過去2年半を振り返る

小心者です。

特定口座でのインデックス投信の積み立ては2016年末から、つみたてNISAは2018年初から続けています。
その間の大きな出来事と言えば、新型コロナでの大幅下落です。

改めて、これまでの評価額と損益率の推移を見てみます。(2018年以前は詳細データを残していないので2019年以降です)

特定口座分

つみたてNISA分

損益率は、2020年3月頃に-15%と大きく落ち込んでいます。世界中で株、債券、REITみんな大暴落したのですから当然です。保有のJ-REIT、国内ETFも酷いことになって損切りしましたが、投信については何もせず、積み立てを継続しました。

その後すぐに回復基調となり、3ヶ月後にはプラスに浮上。以後順調に上昇し、現在では+30%程度となっています。
評価額も同様に、下落後は順調に増加しています。

値動きのあるものの積み立ては、下落時に慌てて売却したりせず、淡々と継続すればその後の値上がりで実を結ぶと、色々なところで言われています。ただこれは実際に体験しないと分かりません。今回は貴重な体験ができました。

次に大きな下落があった時に同じ状況になるかは分かりませんが、一応世界経済の発展を信じて積み立てをしているので、同じようにしようと思います。

ブログランキングに参加中にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

スポンサーリンク
投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク
小心者の投資記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました