【投資信託】投信積立のアセットアロケーションを考える

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小心者です。

投信の積み立てを続けています。アセットアロケーションを考えてみます。(2019.02.01時点での評価額で算出)

特定口座分

国内株のみアクティブファンドです。
わずかな割合で入っている国内債券、国内REITはバランスファンドに含まれている分で、個別のファンドでは購入していません。

積み立てNISA分


国内株のみアクティブファンドです。
国内外債券、国内外REITはバランスファンドに含まれている分です。

特定口座分+積み立てNISA分で考える


※気になるところ
国内株  ーー 8%くらいにしたいので、少し多い
新興国株 -- 15%くらいにしたいので、かなり多い

IDECO分

IDECOは、特定口座分及び積み立てNISA分とは別で考えています。
大きなリスクは取らず、IDECO分単独で”手数料分の利益が出れば良い”、との方針にしています。また、これらのリスク資産以外に、”絶対に減らさない”方針で、企業型のDCから移管した分を定期預金で入れてあります。

今後の方針

アセットの割合で気になっている部分、国内株と新興国株の割合は減らし先進国株を増やします。積み立て金額は今まで通りです。

 

ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

スポンサーリンク
投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク
小心者の投資記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました