【個別株】米国の個別株を検討してみる

小心者です。

配当金の額を増やすべく、米国の個別株を検討してみました。個別株のセンスは全然ないことが判明している小心者ですが、性懲りもなく「米国株なら」という理由を付けて、購入に向けて調べてみることにしました。失敗も経験ですから。

条件としては、配当利回りが高くて(3%くらい欲しい)、連続増配で、株価が安定していて、多くの人が知っている銘柄。そんな都合の良い銘柄はそんなにないですが、候補を5銘柄ピックアップしました。

コカ・コーラ(KO) 利回り3.09% 連続増配58年 生活必需品セクタ S&P格付け A+
プロクター・アンド・ギャンブル(PG) 利回り2.44% 連続増配64年 生活必需品セクタ S&P格付け AA-
ジョンソン&ジョンソン(JNJ) 利回り2.64% 連続増配58年 ヘルスケアセクタ S&P格付け AAA
スリーエム(MMM) 利回り3.35% 連続増配62年 資本財セクタ S&P格付け A+
ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 利回り4.90% 連続増配18年 通信サービスセクタ S&P格付け BBB+

チャートを見てみる
KO コロナ前の水準までは戻っていない

PG いい感じで上がっているんじゃない

JNJ 騰がってきてたけど直近ちょっと下がっている

MMM 騰がってきてたけど直近ちょっと下がっているか

VZ コロナ下落時の水準まで下がってきている

この中で躊躇するものは、
VZ→最近の下落が大きすぎるかな。
JNJ→ヘルスケア銘柄は何か問題があった時に訴訟リスクが大きい。ヘルスケアはVHTにまかせるか?。
MMM→MMMは中国依存度が高そうなのが懸念点。

候補は、KO(株価$54くらい)とPG(株価$142くらい)、生活必需品セクターは安定していると思います。そもそもセクターETFのVDC買ってますけど。

ブログランキングに参加中にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました