失業給付が終了して3ヶ月経過

小心者です。

会社を退職して1年と5カ月、失業保険の給付が終了して3カ月が過ぎました。
現在の生活費は、家賃、光熱費、食費から保険、車の維持費等々、全ての出費を月平均すると約217,000円。これに対し収入は、失業給付があった時は失業保険が約220,000円だったので、ほぼプラスマイナスゼロ。資産の減少はありませんでした。

失業給付終了後は、収入は利息・配当金等の約34,000円のみで、毎月183,000円のマイナス。つまり、たった3カ月で資産が550,000円近く減ったことになります。たまたまこの3カ月は株価上昇で保有J-REITやETFの評価額が増えたため、資産が減った実感があまりありませんが、いつまでもこの状態が続くとも思えません。

当面は蓄えを取り崩しつつ、趣味以外の節約を強化してやっていけそうですが、公的年金受給開始まであと11年あります。このまま完全リタイヤが可能なのか、再就職(と言ってももう正社員になるつもりも元の業種に戻るつもりもなく、パート・アルバイト程度)して資産寿命を延ばすべきか、最近日々悩んでいます。

 

ブログランキングに参加中にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

スポンサーリンク
退職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
小心者の投資記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました